GAG(Galleria Actors Guild)は、アマチュアオペラ制作集団「ガレリア座」で知り合った大津佐知子と北教之が、1996年に結成した劇団です。二人芝居を中心とした少人数の演劇・朗読劇などを不定期に上演し続け、2013年には第十回公演を開催しました。演劇だけでなく、歌曲なども交えたお茶会などを今後も発表し続けていきます。

大津の出演舞台の告知です!

2020年が始まったかと思いましたらあっという間に半月経ってしまいました。今更でございますが、明けましておめでとうございます。このブログも忘れた頃にぽろぽろと更新してまいりますので、こんなブログがあったべかな、程度に頭の隅っこの方で覚えておいていただけると望外の喜びでございます。今年もそんな感じで生温かくよろしくお願いいたします。

さて、年明け最初のご案内は、GAG団員の一人、大津佐知子の出演舞台のご案内です。2月・3月と開催される三つの演奏会をご紹介。お時間とご興味ありましたら是非、大津までご連絡いただけましたら幸いでございます。

 

青島広志コンサート&トーク魔笛からこうもりへ』両作品名場面集

f:id:GalleriaActorsGuild:20200116211252j:plain

きたる5月19・20日に上演されるブルーアイランド版「こうもり」全幕公演のプレコンサートです。ブルーアイランド版のオペラやオペレッタは、青島先生独自のアレンジやギミックがてんこ盛りで、皆さんよくご存じの「こうもり」だと思って聞きに来たら足元をすくわれます。心してお出かけくださいまし。大津はアデーレ役として登場。あの有名なアリエッタを2つとも歌います。昼夜両方出演です。

 

◆はく・あ・ぽこ“Happy Valentine's Night!!”

f:id:GalleriaActorsGuild:20200116211501j:plain

大津の出身校である盛岡一高の同級生、ピアニストの森知英さんとのジョイントコンサート。2019年1月に第一回を開催したこのコンサート、お客様からの熱い再演のご要望を受け、ヴァレンタイン・デーに第二回を開催することとなりました。ヴァレンタイン・デーにちなんだピアノ曲、歌曲をお届け、ということで、大津は、以前出演した「幽霊屋敷」で勉強したポーランド語の歌曲、それもショパン作曲の歌曲に挑戦します。ショパンコンクールのディプロマである森さんのピアノソロもお楽しみいただけます。

 

◆PAS C'EST LA! ~エツコの夢は夜ひらく~

f:id:GalleriaActorsGuild:20200116212248j:plain

パセラリゾーツというカラオケボックスに集い、シャンソンを歌い飛ばす集まりに来ませんか、と、シャンソンフランセーズの主催者田中知子さん(とももさん)に声をかけられた大津、行ってみればシャンソンだけでなく、昭和歌謡もアニソンもミュージカルもももクロも何でもありのカオスの時間。そんな時間を何度か過ごすうちに、ある日とももさんから、「これかぶってみて」と言われて青い髪のウィッグを渡され、割とそういうのが嫌いじゃない大津がかぶってみればいつのまにか「パセラ!」というグループの一員としてこんな姿の写真入りのチラシが出来上がっていた、という謎のコンサート…クラシックだけじゃ我慢できないピアニストと歌い手たちが繰り広げるビックリ箱。記念すべき第一回コンサートが、あのアルテリーベを4色に染め上げます。

 

4月以降も、東京室内歌劇場での活動を中心に沢山の舞台が予定されています。またご案内させていただきます!2020年もGAGをよろしくお願いいたします!

 

北出演のガレリア座公演の告知です!

なんと2か月もこのブログを放置してしまいましたが、もう言い訳はしません。単なるさぼりです。はい。しかし、GAG団員はしっかり活動しております。大津の年内の公演舞台は既に告知済ですが、今回の久しぶりの更新のお知らせは、もう一人の団員、北の出演舞台のご案内となります。

来年2月16日(日)、大田区民ホールアプリコ大ホールにて開催される、ガレリア座、第32回公演「サーカスの女王」に、合唱および語り役(ソロ曲なしの役者)として出演いたします。

f:id:GalleriaActorsGuild:20191225221737j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20191225221803j:plain

 

カールマンのオペレッタ、それも、有名な「チャールダッシュの女王」以外のあまり上演機会のない演目を上演するのはガレリア座お家芸の一つで、「モンマルトルのすみれ」「シカゴ大公令嬢」といった珍しい演目の日本初演を手掛けてきました。今回の「サーカスの女王」も、日本初演ではないものの、ほとんど上演機会のない珍しい演目。物語をご一読いただいてもお分かりの通り、ミレッカーの「乞食学生」と「チャールダッシュの女王」を足して二で割ったようなお話ですが、カールマンらしい美しい旋律、少しロシアの味付けを加えたエキゾチシズム、オペレッタらしいダンスナンバーなど、一度聴いたら忘れられない名曲だらけの傑作です。物語も、ハンガリーユダヤ人というアイデンティティを持つカールマンらしい、国境も身分も立場も超えた男女の愛を語って、現代にも通じるグローバリズムとダイバシティを感じさせる普遍的な物語。楽しめること請け合いの演目となっています。

北は、合唱の一員として歌い踊るだけでなく、物語の大団円となる第三幕の狂言回し的な役柄となる語り役を演じます。歌だけでなく、役者としてお客様に楽しんでいただくべく、台本にどれだけプラスアルファを加えられるか、自分なりに試行錯誤を続けております。

例によってチケットが沢山ございますので、ご希望の方は直接北までご連絡ください!よろしくお願いいたします!

10月以降の大津出演公演予定

10月というのにまだ夏の暑さの日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

例によって更新が遅れましたが、9月にGAG本公演を無事に終え、やっと落ち着いてまいりましたので、10月以降の大津出演公演の年内予定をまとめておきます。浅草オペラの再演、おなじみのシャンソン・フランセーズなど、ワクワクの舞台が続きます!

 

★10月 浅草オペラ再演!

2017年に大津が出演し、2018年には地方公演にも参加させていただいた浅草オペラ。大正の熱狂が再び浅草によみがえったような熱い舞台。その熱狂が再び、浅草の地に帰ってきます!

f:id:GalleriaActorsGuild:20191006211007j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20191006211122j:plain

大津出演は下記の日程となります。

10月19日(土)14:00~ 旧東京音楽学校奏楽堂(Bプログラム)

10月23日(水)18:30~ 浅草東洋館(Aプログラム)

10月30日(水)18:30~ 浅草東洋館(Aプログラム)

10月31日(木)18:30~ 浅草東洋館(Bプログラム)

大津は、「椿姫」を吉原に置き換えた舞台で、主役の花魁「小町」に扮するなど、多数の役柄を早変わりで演じます。音楽監督の山田武彦先生の洒脱な編曲やオリジナル楽曲で、前回とはまた一回り洒落っ気を増したプログラムに、浅草の地が再び笑いと感動に包まれること請け合い!皆様是非浅草の地へ足をお運びください!

 

★11月12日(火)19時~ シャンソン・フランセーズ~イストワール~

先日のGAG公演でも七色のピアノを聞かせてくださった田中知子さんが仕掛ける、「シャンソン・フランセーズ」第八回目!

f:id:GalleriaActorsGuild:20191006213033j:plain

いつもの芸達者な方々だけでなく、今回初参加の吉田伸昭先生も加わり、フレンチシャンソンにおさまらないパフォーマンスで渋谷の伝承ホールを涙と笑いに包みこみます!大津はミシェル・ルグランの双子姉妹の歌やピアソラを歌う予定。

 

★11月16日(土)15時~ 浅草オペラin横浜

f:id:GalleriaActorsGuild:20191006214944j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20191006215008j:plain

10月の浅草オペラが11月には横浜に出張公演。大津はBプログラムでは「ある晴れた日に」などを歌います。

 

★11月25日(月)18:30~ 東京室内歌劇場の歩みPart7

 

f:id:GalleriaActorsGuild:20191006215535j:plain

青島広志先生の軽妙でお洒落なお話と構成による東京室内歌劇場の歩みシリーズ、ついに最終回。大津は「ザ・芸者」のおミモザさん、その他に出演予定。

 

★12月26日(木) 東京室内歌劇場創立50周年FESTIVAL

f:id:GalleriaActorsGuild:20191006220310j:plain

今年50周年を迎える東京室内歌劇場のメモリアルイヤーを祝う会。大津が執筆編集した50周年記念誌も会場でお買い求めいただけます。大津はシャンソンフランセーズに参加予定。これで2019年は歌い納めとなります。

 

おかげさまで様々な舞台の機会に恵まれた2019年。最後の3か月、しっかり仕上げてまいります。今後ともよろしくお願いいたします!

 

帰ってきました、GAG公演!9月7日、渋谷にて!

梅雨寒が続き、なかなかすっきりしない毎日が続いておりますが、皆様、いかがお過ごしですか?なんかこのブログ、季刊誌みたいな更新頻度になってしまって本当に申し訳ございません。おかげさまで大津の本番舞台が大変多く、数か月先の予定まですっかり決まっているので、逆に更新頻度が下がっちゃている感じはありますね・・・言い訳はさておき、今回の更新は、久しぶりにお届けする大ニュース。なんと、GAGが3年ぶりに帰ってきます!

f:id:GalleriaActorsGuild:20190716221614j:plain

来る9月7日(土)の昼下がり、渋谷のラトリエで、3年ぶりに開催するGAGの第13回公演。ずっとシリーズでお届けしている「南の島のティオ」の朗読パフォーマンスうと、大津による米国歌曲のカップリングです。テーマは、「My Home」。

朗読シリーズで取り上げるのは、異郷の土地に魅せられて、過去の自分の全てを捨ててしまいそうになる二人を描いた、「帰りたくなかった二人」。今までお送りしてきた「ティオ」の島の物語の中でも、ちょっと地味な一篇ですが、土地と人との関係や絆を描いて、じんわりと沁みてくる好短編です。第一回からずっと同じ三人チームによる朗読・イラスト・演出にてお送りします。長谷部和也さんの南洋情緒あふれるイラストにも乞ご期待!

そして後半、大津がお送りするのは、二十世紀の米国を代表する作曲家の一人、サミュエル・バーバー作曲の「Knoxville : Summer of 1915」。テキストは、ピューリッツァ賞受賞者でもあるジェームズ・アビーが、自らが幸せな少年時代を過ごしたアメリカ中西部テネシー州の都市、ノックスビルを描いた散文詩。かつての作家自身とも思われる少年の目から見た、1915年の古き良きアメリカ。過ぎ去ってもう二度と戻ってこない故郷への思いを、静かに淡々と描き出す隠れた名曲。英米歌曲がお好きな方にはお馴染みの曲かもしれませんが、なかなか全曲を聞く機会はないかもしれません。シャンソン・フランセーズで味わい深いピアノを聞かせて下さる田中知子さんの伴奏も聴きどころ。

全く異なる二つのパフォーマンスをつなぐのは、「望郷」という言葉。自分の本当の故郷、本当の自分がいるべき場所を探し求める旅の物語と、失われてしまった光に満ちた少年時代の故郷の記憶をたどる物語。そこで今回の公演のテーマは、「MY HOME」としてみました。

例によって、軽いお食事とお飲み物を用意いたしまして、渋谷ラトリエで皆様をお待ちしております。事前予約制にて、先着50名様まで。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

4月以降のGAG活動予定~更新遅れてすみません!~

東京の桜の盛りも過ぎ、いよいよ春本番、という感じになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

気が付けば、このGAGブログ、なんと2か月以上更新をさぼっておりました・・・大変申し訳ございません!(ごめんで済めば警察いらんわ)

GAG団員2名、別にさぼっていたわけではなく(さぼってたんやろ?)、このブログでご案内しました4月以降の公演の準備を着々と(ぼちぼちと)進めておりました。決して、ブログ更新担当の北が、推しのアイドルの現場通いに忙しくてブログ更新を怠っていたわけではございません!(なるほど、そういうことかい)

1人ボケツッコミはこれぐらいにしまして、久しぶりの更新では、4月以降のGAGの公演予定について、チラシなどの画像も交えて、公開したいと思います。前回更新からの追加情報も盛りだくさん。そしてそして、9月には、本当に久しぶりのGAG本公演の情報が!!皆様、是非是非お手元の手帳をご確認ください!

  

★4月19日(金)北の初のソロリサイタル「夢見た者は歌役者」

おかげさまで、満席となりました!ありがとうございました!頑張ります!

f:id:GalleriaActorsGuild:20190203095156j:plain

  

★4月28日(日)ティアラこうとう大ホールにて開催される、江東オペラ「ドン・カルロ」に、大津が、お小姓テバルド役にて出演します!

f:id:GalleriaActorsGuild:20190416214006j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20190416214056j:plain

大津が江東オペラに参加させていただくのは今回が初めて。新しいご縁を得て、ヴェルディの苦悩と愛憎どろどろの世界で、唯一の一服の清涼剤であるテバルドを演じております。

  

★5月25日(土)ジュゴンツチノコVol.3 「Made In Japan!」、クラシックライブハウス カーサ・クラシカにて開催いたします。

f:id:GalleriaActorsGuild:20190416214422j:plain

美味しいお食事とお飲み物も楽しんでいただきながら、邦人曲の数々をお届けします。

  

★6月2日(日)JCDA合唱の祭典2019 第20回北とぴあ合唱フェスティバル  第3日クロージングコンサート  作曲家個展シリーズVol.8<信長貴富> に、北の所属する混声合唱団麗鳴が出演します。

f:id:GalleriaActorsGuild:20190416215215p:plain

前回の定期演奏会でも歌った、「竹のように」と、「一詩人の最後の歌」を歌います。錚々たる出演団体の間に入って、沢山勉強させてもらえれば、と思います。

 

★6月30日(日) 東京室内歌劇場スペシャルウィーク2019in調布市せんがわ劇場 にて、大津所属の万年筆女子会が出演します!

f:id:GalleriaActorsGuild:20190416215708j:plain

おなじみの6名が、皆さんのよく知っている曲から、あまり知られていない名曲まで、がっつり楽しめるプログラムで皆さんをお迎えいたします。大津は、久しぶりに、メノッティのオペラ「領事」から、自由を希求しながら理不尽な官僚制度の前に立ちすくむ女性の絶望の歌、「Papers Aria」を歌う予定です。

 

★7月13日(土)山田武彦と東京室内歌劇場Vol.4 atトッパンホール

チラシは別途ご案内しますが、既に各種プレイガイドなどでチケット販売開始しております。ご確認ください。

 
 ★8月4日(日)東京シティオペラ協会公演「ヘンゼルとグレーテル」に、大津が、再びグレーテル役で出演します!

f:id:GalleriaActorsGuild:20190416221946j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20190416222028j:plain

またこの多幸感にあふれたオペラに参加できる幸せをかみしめながら、再演を楽しみにしています!

 

★9月7日(土) 大変お待たせいたしました!なんと3年ぶりとなるGAG第13回公演を、渋谷ラトリエで開催いたします!詳細決まりましたら、このブログで周知させていただきます。

  

★10月:浅草オペラの再演が予定されています。

 
★11月:未公表ですが、何かある予定。

 

おかげさまで、毎月のように本番舞台がありますが、歌える場所があること、そこに集ってくださるお客様がいらっしゃる、というのは本当に幸せなこと。そんな幸せを感じながら、日々、一つ一つの舞台に真っ直ぐ向き合っていければ、と思います。これからもGAGの活動へのご支援、よろしくお願いいたします!

北のソロリサイタル、詳細のご案内です!

ご近所のお宅の庭で、梅が咲き始めました。春ももうすぐですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日投稿しました、2019年のGAG活動予定でもご案内いたしました通り、来る4月19日(金)、北の人生初のソロリサイタルを開催することになりました。そのチラシが完成しましたので、ここで公演の詳細をご案内させていただきます。

f:id:GalleriaActorsGuild:20190203095156j:plain

ここで、今回ソロリサイタルを開催するに至った経緯などをちらっとご紹介。

シリーズでずっと続けている、Singspielersのさろん・こんさーと。前回のテーマは、「わるいやつら」ということで、オペラの悪役たちの歌を特集しました。そのあと、自分が今までやってきたオペレッタの役柄を振り返ってみる機会があったんですね。ちょっと悪いけど自分の欲望に正直で、「悪役」とか、「わるいやつら」というには器が小さすぎるし、そのくせ人間臭くて、なんとも魅力的な役を沢山やらせていただいていたなぁ、と。前回のガレリア座でやった、「小鳥売り」のヴェプス男爵、「ベニスの一夜」のデラックア、「天国と地獄」のジュピター、「乞食学生」のオルレンドルフ大佐など。

そんなことを考えていた時に、ある方が、「北さんのやってきた役って、『わるいやつら』というより、『憎めないやつら』って感じですね」というお言葉をいただいて、ああ、これだ、と。そろそろいい年齢にもなりましたし、そういう、「憎めないやつら」のレパートリーもそこそこあるし、これはソロリサイタルをやるタイミングが来た、ということなのかな、と。

でも、悲しいかな、ソロリサイタルを開けるほどにレパートリーが豊富なわけじゃないですし、全編オペレッタでそろえてしまう、というのも、ちょっと変化に乏しいかな、と思い、前半は、自分が所属している混声合唱の世界から、歌曲にトライしてみることにしました。木下牧子先生が、合唱曲を歌曲に編曲しなおした作品たち。合唱に親しんでいる方たちには耳になじんだ、「鴎」「ロマンチストの豚」「夢みたものは」などに挑戦しようと思っています。トライしてみると、オペレッタの世界とは全く違った、ストイックで真っ直ぐな歌唱が求められて、思ったよりずっと深い発見があります。

マチュア歌手としては背伸びどころか、高下駄履いて梯子に上って箒で天の星を掃くような企画ではありますが、なんとか楽しんでいただけるよう頑張ります。お忙しい中、平日の夜という時間ではありますが、ちょっと覗いてみようかな、という心優しいお客様がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。事前予約制にて、先着25名様までとなります。ご連絡、お待ちしております!

2019年の活動予定

ちょっと遅ればせではございますが、皆様、2019年明けましておめでとうございます。今年もGAGの活動予定をこのブログで告知していきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

といいつつ、実は若干出遅れておりまして、既に大津の2019年最初の演奏会が昨日終わってしまいました・・・そのあたりも含め、2019年の活動予定を下記にまとめておきます。

 

まずは、久しぶりのGAG公演の予定から。まだずいぶん先の話にはなりますが、9月7日(土)に、久しぶりのGAG公演を予定しています!ずっと続けている「南の島のティオ」の朗読と、大津の歌曲ステージを予定。テーマは「望郷」です。また詳細が決まりましたら、このブログで告知させていただきます。

 

続いては、北の出演舞台の予定。4月19日(金)、「Singspielerのさろん・こんさぁと」と題して、北が初めてのソロリサイタルを開くことになりました。大胆というか無謀というか・・・詳細は別途このブログでご案内しますが、これまでオペレッタの舞台で演じてきた役柄の歌を中心に、木下牧子の歌曲なども取り上げる予定です。ああ、このブログに書いてしまった、ということは本当にやるんだ。どうしよう。

そしてなんと、その翌日、20日(土)には、紀尾井ホールで開催される合唱イベントに、北の所属する合唱団「麗鳴」が参加予定です。日程調整していたら、なぜか本番が2日続くことになってしまって、北としては若干焦っているのですが、ブラームスの合唱曲を歌う予定。がんばるぞー。

 

さて、GAGのもう一人の団員、大津の出演舞台の予定ですが、2019年も毎月のように出演舞台が予定されています。既に終了してしまった演奏会も含め、下記にまとめておきます。 

 

1月:

11日(金)はく・あ・ぽこ(大津佐知子&森知英による小さな音楽会)

f:id:GalleriaActorsGuild:20190112235028j:plain

高校二年生で日本音楽コンクールに入選、ショパンコンクールでディプロマを取得するなど大活躍のピアニストの森知英さんは、大津と盛岡一高で同級生だった、ということで、同窓会もかねての小さなサロンコンサートが企画されました。リハーサルの録音などを聞かせてもらいましたが、まぁ森さんのピアノのキラキラしていることったら!本番の演奏会も、盛岡一高のOBOGが集い、和気あいあいとしたとても素敵な会になったようです。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 

29日(火)東京室内歌劇場の歩み Part.6

f:id:GalleriaActorsGuild:20190112235535j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20190112235610j:plain

大津は林光の「白いけものの伝説」で少年を一声、オッフェンバックの「シュフルーリさんのコンサート」のヒロイン・エルネスティーヌを歌います。得意のオッフェンバックにウキウキしながら青島先生のご指導のもと練習に励む日々。

 

2月:

24日(土)歌劇「幽霊屋敷」

f:id:GalleriaActorsGuild:20190113000046j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20190113000108j:plain

この「幽霊屋敷」という演目は、ポーランドでは大変メジャーなオペラだそうで、彼の国では学校公演などを通じて小学生でも知っている演目なのだそうです。タイトルだけ見るとオカルトっぽいですが、「幽霊」というよりも英語の「Terrible」というニュアンスに近い形容詞らしくて、「おっそろしいお家」、みたいな感じらしいです。お化けが出てくるわけじゃなく、とても楽しい演目。大津は「ハウスキーパー」、つまりメイドの役。初めてのポーランド語に目を白黒させながらの挑戦となります。

 

4月28日(日)・29日(月・祝)江東オペラ「ドン・カルロ

エリザべッタのお付きのお小姓、ティバルドを演じます。

 

5月:

25日(土)ジュゴンツチノコVol.3 貝賀直樹さんと大津のユニット、第三弾!

  

6月:

日時は未公表ですが、大津が参加している万年筆女子会の演奏会が開催予定です。

  

7月:

13日(土)山田武彦と東京室内歌劇場 atトッパンホール

浅草オペラでお世話になった山田先生の企画

  

 

10月:

浅草オペラの再演が予定されています。

 

11月:

未公表ですが、何かある予定。

 

・・・上記以外にも、まだ公表できない舞台の予定もいくつか入っています。また詳細が決まりましたらこのブログで周知してまいります。2019年もGAGをよろしくお願いいたします。