GAG(Galleria Actors Guild)は、アマチュアオペラ制作集団「ガレリア座」で知り合った大津佐知子と北教之が、1996年に結成した劇団です。二人芝居を中心とした少人数の演劇・朗読劇などを不定期に上演し続け、2013年には第十回公演を開催しました。演劇だけでなく、歌曲なども交えたお茶会などを今後も発表し続けていきます。

ガレリア座 第31回公演「小鳥売り」の宣伝でございます!

なんだか地上から人類を一掃しようとしているかのような酷暑が続いておりますが、皆さん、御無事でお過ごしでしょうか。GAGの2名はこの酷暑にもめげず、しぶとく舞台活動を続けております。本日は、かなり久しぶりにこの2人が同じ舞台に立つ、ガレリア座 第31回公演 カール・ツェラー作曲のオペレッタ「小鳥売り」の周知でございます。

f:id:GalleriaActorsGuild:20180725212638j:plain

f:id:GalleriaActorsGuild:20180725212715j:plain

「小鳥売り」という演目には名曲がいっぱいあって、最も有名な「チロルのばら」を始め、よくソプラノのソロ曲として歌われる、「私は郵便配達のクリステル」、コミックソングの「試験監督の二重唱」など、オペレッタを少しかじった人なら耳にしたことがある曲がてんこ盛り。

伝統的なドイツの歌芝居、いわゆる「Singspiel」の約束ごとを受け継ぎつつ、ドイツ音楽らしい構造的にしっかりした楽曲が多く、合唱陣含め、ソリストもかなり苦労しながら練習に取り組んでいるところです。

大津は、どこかリヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」のマルシャリンを彷彿とさせる、陰影のある役、大公妃マリーを、そして、北は、物語の狂言回しと言えるヴェプス男爵を演じます。ともに、歌い甲斐、演じ甲斐のある役ですが、変に力まず、作りこみ過ぎず、エキセントリックな役柄でもどれだけ自然に演じ、お客様に共感してもらえるか・・・を考えつつ取り組んでいます。

本番会場は練馬文化センター。9月30日(日)14時開演、と、あと2か月ちょっと先の公演ではありますが、例によってチケットは売るほどございますので、ご興味のある方は、下記までご連絡ください。チケットぴあでも取り扱っておりますが、大津と北から直接お買い求めいただいた方が、座席もお値段も色々とご相談に乗ることが可能です。

連絡先は、いつものこちらでございます!

f:id:GalleriaActorsGuild:20150128212447j:plain

ご連絡お待ちしております!